2010年03月02日

全面禁煙 英パブは大打撃、2300軒が廃業(産経新聞)

 欧米では受動喫煙防止のため、職場や公共の場での喫煙を法律で禁じている例も多い。

 英国では2007年、国内全域で職場や飲食店などの人が集まる場所が全面禁煙となった。パブ(大衆居酒屋)も例外ではなく、家で晩酌する人が増えて売り上げが激減した。英国ビール・パブ協会によると、09年8月までの1年間で約2300軒ものパブが廃業に追い込まれたという。

 米国では州や市ごとに規制法が異なる。カリフォルニア州では労働法典に基づき、職場の閉ざされた空間は禁煙。ニューヨーク州では空気清浄法が改正され、ホテルの客室内などを除く建物内での全面禁煙を義務化した。

 ドイツでは建物内などを全面禁煙とすることを連邦非喫煙者保護法で定めるが、分煙を容認。接客業については「可能な限り」としている。

社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール−国交相(時事通信)
<浅草の高層マンション>都条例不適合に検査員が確認済証(毎日新聞)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
海上犯罪、5年連続増=09年の取り締まり状況−海保(時事通信)
悪質な家賃取り立てに罰則 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)
posted by キグチ イチサン at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。